あいうえオムレツ団!

面倒くさがり屋でプチミニマリストの雑記ブログです。

スポンサーリンク

「忘れっぽい」ってどうにかできないもんかねー?

ども!オムレツです!

今日はそんな感じの話ですっ!!




マジでイヤんなるな?


あのさぁーーーー!!ホントあれなんなんだろうね!?


こっちはさ、そもそも忘れっぽいっていう現実を受け止めて生きてるんだよ!?iPhoneのメモ帳とかメッチャ駆使してるからね!?ブログのネタとかさ、思いついたらすぐに書くレベルよ!?



だって



忘れるからぁぁぁぁぁぁ!!



今までも、


「極上のネタを思いついたぜ・・・へへっ!」



って思った時に面倒くさがって何もせずにいて、



「まぁまぁまぁ、こんだけ良いネタは早々忘れないだろう、何てったって極上だからな・・・へっへっへ・・・」



と余裕ぶっこいて1分と経たない内に忘れてたりね??



そんな感じで表舞台に立てずに消えていったネタがいくつもあるわけなんですよ・・・


あとね、よくあるのがバイト中!!



僕って意識が散漫してるんで、業務してる時とかも別のこととか考えてるんですが、そいういう時に


「あ、これの話書こう」


って思っても、その時に何もメモできるものもないし、ずっと頭の中で忘れないように繰り返してるんだけど、そっちばかりに集中すると流石に仕事が手につかなくて注意されるんです。




注意されてる時に忘れるわっ!!!!



もうさ、もはや自分の意思とは裏腹だし、遺伝子レベルなんじゃなかろうかとすら思えてくるこの忘れっぽさね!!




その親あってこの子あり

っていってもオム母はそこまで物忘れが激しいわけではないんですよねー!!しっかりしてるんですよ!!だって、



母子家庭で息子二人を育て上げるって相当ヤバくない??




離婚直後とか、まだ下の子は中学生よ?まぁ僕なんですけど。


でも、凄いしっかりしてるんだけど、小さじ一杯程度のアホ・・・ゲフンゲフン・・・茶目っ気も入ってるわけで。




結構前に、「もう出かけなきゃいけないのに携帯がー!」とか騒いでたから、兄弟2人+母親の3人体制で携帯を捜索してたんです。



トイレやら寝床やら車やらをしこたま探してたんですけど、ふと、



「あれ、これ、普通に電話鳴らせば早くない?」



と天才的な閃きを発揮したんです。僕が。そう、この僕が。





おもむろに携帯を取り出し電話を掛ける


寝床をくまなく探す


トイレを入念に探す


冷蔵庫から鳴るバイブ音




は??




恐る恐る冷蔵庫のドアを開けると、




麦茶|牛乳|携帯



とドア側のポケットに収まってやがりました・・・



なんなん?冷蔵庫の中でマナーモードって何のマナーを守ってたん??



ってなりません??



とりあえずオム母に見つかったこと・見つかった場所を伝えて渡したんですけど、第一声が




冷たぁーい




はよ出掛けれやww



って思いましたww



まぁ、そんな母の子ですからね。仕方ないですよね。





仕方ないの・・・かなぁ・・・ww




忘れっぽ過ぎる思い出


なんなら先日もバイト前に時間を潰してた蕎麦屋さんにバイト着一式入ってるカバンを蕎麦屋に忘れてきてたしね??



他にも、



幼少期もたくさん学校にカバンを忘れたり


鍵を家に忘れて入れなくなってたり


中学の頃は色々あって人を信じる心を忘れたり


鍵を家に忘れて入れなくなったり


高校の頃はテストで使う電卓を忘れて平均点92点のテストで28点を叩き出して一人だけ赤点を取りドチャクソに叱られたり


大人になってからは舞台で使う衣装を忘れて叱られたり、


結婚式に呼ばれたのにネクタイと革靴を忘れて呆れられたり、


集中しすぎて口を閉じることを忘れてヨダレを垂らして引かれたり、


長風呂が苦手なのを忘れて友達と銭湯で長時間入って全裸でぶっ倒れたりすること数回・・・





マジでちょっとね、


ココ(頭を指差しつつ)がおかしいんじゃないかなって思います




ただね、言い訳にもならない言い訳と自慢なんだけど、僕は小さい頃、とある事情で脳波を測定したりIQ検査をしなければならなかったのですが、そこではIQ132と出ており、親にめちゃくちゃ期待されて育てられてきましたが、今考えたら絶対に嘘だよねェ??



ちなみに脳波は乱れていたそうです。





てかさぁ、


何でこの思い出は忘れないの??ねぇなんで??



家にある忘却エリアの存在

冷蔵庫の前とか居間とかさ、絶対に何かいるよね??


新手のエイリアンか何かがイタズラしてるよね!?!?



だって、



「あ、ジュース飲ーもうっ!」


冷蔵庫の前まで行く


「あれ?何でここに来たんだっけ?」


部屋に戻る


「あ!そうそう、ジュースを飲みたかったんだった!」


冷蔵庫の前に行く


「あっれれ~~~??おっかしーぞぉー??」



f:id:o6-02:20171110135641j:plain




鳥頭かよ・・・





忘れっぽ過ぎてお困りの皆さん!

大丈夫です!!君はひとりじゃないからね!!






なーーーんて言えないよねェーーーー!?





さすがに怖くない!?怖くない!?!?



僕は怖いですっ!!




だってさ、だってさ、だってだってさ!!




まだ今はさ、



「あ~忘れちったぜ!へへっ!」



とかで忘れたことの自覚があるかもしれないけど、これ、いつかさ、



「え?そんなの持ってきてなんて言われてなかったじゃん!」



とかいって、本当は言われてたことを覚えていないから事実として無いものと認識してて、それなのに周りからは




「ちゃんと言ってたよ!」

「うん、お前が聞いてなかったんじゃね?」

「だから俺ら持ってきてるんじゃん」

「ちくわ大明神」

「メモとか取ってないから悪い」



とか袋叩きにされるんだぜ?周りから冷たい目で見られながら「ちくわ大明神」言ってたとかお前が聞いてないからとか言われる「ちくわ大明神」んだぜ?ちょっと待て誰ださっきから。




ってな感じでさ、すごい生きにくくなると思うと、マジでトゥライ・・・




という内容の記事を書こう書こうと思って2週間経っていました。




って感じで今日はここまで!!

お粗末さまでしたぁ!!